シリーズ「教職の魅力共創」原稿募集のお知らせ

原稿募集を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
シリーズ概要

愛知教育大学(主催「教職の魅力共創」編集委員会 委員長 野田敦敬)では、多様なステークホルダーが「教職の魅力」を共に高め、創り、共有していけるような場として、叢書シリーズを立ち上げました。

毎回統一テーマを立てて原稿を広く募り、一冊(ISBN付)にまとめて、愛知教育大学出版会から出版します。

第一回の配本となる今回は、『新たな学び・学校のかたち(仮)』というタイトルで次項に挙げたテーマでの原稿を募集します。

本出版企画は、愛知教育大学からの助成を得て行いますので、執筆者には出版にかかる費用は一切かかりません。

募集原稿
内容:

「新たな学び・学校のかたち」を以下のいずれかの観点から述べたものをお寄せください。

(1)GIGAスクール構想・EdTech・一人一台端末

(2)新学習指導要領(カリキュラムマネジメント、アクティブラーニングなど)

(3)その他

*上記に沿うものであれば、研究成果や実践報告、啓蒙的内容など、どのようなタイプでも構いません。ただし、他の媒体に掲載されたものや、掲載される予定のものは投稿できません

分量:

(1)(2):長め(5,000~8,000字程度)か短め(1,000~3,000字程度)のいずれか

(3):短め(1,000~3000字程度)のみ

締め切り:

(投稿申込書送付)2021年6月30日(水)

(投稿原稿送付) 2021年8月31日(火)

執筆条件
執筆者:

・どなたでも可(愛知教育大学の教員・学生に限らず、愛知教育大学職員、附属学校園の教職員、現役学校教員、学校教員経験者、その他学校関係者以外も含むステークホルダー)

・学校単位など、組織単位での執筆も可

執筆形態:

・単著、共著どちらでも可

その他

・出版にかかる一切の権利は大学に帰属することに同意できる方

出版までのスケジュール

20218月末の募集締切後、本シリーズ編集委員会による審査を経て、同年9月末までに掲載原稿を決定します。刊行は2022年3月の予定です。

 

応募方法

下記アドレスに、投稿申込書と原稿(WordPDF)を各期日までにお送りください。

問い合わせ・原稿送付先

愛知教育大学「教職の魅力共創」編集委員会 メールアドレス cocreate

                              上記に@m.auecc.aichi-edu.ac.jpを補完してください。

投稿申込書(Word版 / PDF版

募集要項